深作多目的遊水地協議会HP

深作多目的遊水地協議会:さいたま市見沼区

 

※スマホの方は右上の三本線がメニューになります。

深作多目的遊水地は、埼玉県さいたま市見沼区のひがしはる野北側から県南卸売団地までの公園を含む広範囲の窪地【下地図A(1)〜A(4)、B、C(1)、C(2)】が、深作多目的遊水地になります。

深作多目的遊水地協議会HP

【B:8の字公園、C(1):小学校グランド、丸の字公園、C(2):中学校グランド、のびのび広場】

出典:国土地理院

深作多目的遊水地協議会HP

●深作多目的遊水地の役割について
@ 深作多目的遊水地は、深作川下流の洪水防止等の治水を目的に造られました。
A アーバン団地造成時には、アーバン横の遊水池には木々が一本も生えておらず、水辺が遊歩道から見える状態でしたが、30年が経ち雑木が生い茂る遊水池になりました

 

 

深作多目的遊水地協議会HP

出典:1993年の遊水地と建設中の東1/5番街高層棟:上田氏提供写真

 

@「深作多目的遊水地協議会」は、我々地域住民が行政と協業し、「放置されたビオトープ(生物群集の生息空間)」を「管理された自然環境」となるよう活動していく組織として2018年12月に発足しました。
A深作多目的遊水地周辺の9自治会(東一番街、アーバンみらい東大宮東2番街、東三番街、大宮東五番街、コスモ春野、はる野4丁目北、ひがしはる野団地、深作、丸ヶ崎)の自治会長が参加し、深作多目的遊水地の環境改善について定期的に協議しており、東三番街環専委員が発起人となり協議会の事務局を担当しております。

深作多目的遊水地協議会HP

遊水池から東三番街を望む

 

本協議会は、東三番街・環境専門委員会の皆様の長年にわたる精力的な取り組みをベースとして、遊水地周辺の自治会が参画することで、より影響力があり効果も上がる取り組みができるのではないかという考えのもと2018年に発足しました。
発足以降の協議会での具体的な取組内容は、本ホームページにある「協議会活動アーカイブ」をご覧いただければと思いますが、“治水機能を維持しながらも地域住民の憩いの場、さらには野鳥や植物などとの共生の場”としての遊水地環境をいかにして作っていくのか、協議会メンバー一人一人の考え方も異なる中で、将来像をあれやこれやと論議しつつも、ごみ拾いなどの遊水地環境整備活動や埼玉県、さいたま市の関係行政機関および遊水地関連施設の指定管理者などとの人間関係づくり・各種協議・要請活動などの具体的な取り組みを地道に行っております。
本ホームページ立ち上げにより、構成自治会役員、地域住民の皆様、関係行政機関の皆様に協議会の取り組みがより広く知られ、活動推進につながることを願っております。是非今後とも、ご支援、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

2023年5月
深作多目的遊水地協議会会長 西澤 亨夫(にしざわ みちお)
※アーバンみらい東大宮東2番街自治会長

 

<2024/2/24>
アーバンみらい公園(8の字公園)の水溜り解消の記事を掲載しました。
8の字公園の水溜まり解消

 

<2024/2/22>
アーバンみらい公園の排水口(スクリーン)の樹(立ち木)の伐根の記事を掲載しました。
アーバンみらい公園の排水口の樹の伐根

 

<2024/2/09>
遊水地公園のパイプ製階段手摺りのキャップが取れていたためキャュプを付けてもらいました。
パイプ製階段手摺のキャップ被せ

 

<2024/1/24>
トップページに浦和の上木崎四丁目自治協力会の遊水地視察(1/13/'24)の記事を掲載しました。

 

<2024/1/17>
トップページにさいたま市が旧荒井産業への産業破棄物に係る行政処分(措置命令)の記事を掲載しました。

 

<2024/1/9>
トップページに2月11日(日)の桜並木の枝剪定&遊水地清掃の記事を掲載しました。

 

深作多目的遊水地協議会HP

深作多目的遊水地協議会HP

1月13日(土)14時に、浦和の上木崎四丁目自治協力会の20名が視察に来られ、遊水地の貯水量、アーバン地区の約30年の歴史および自然環境について、遊水地を回り説明を行いました。(自治会参加者:東2番街西澤自治会長、東三番街土屋自治会長、三好環専長、佐藤HP委員長、環専委員 塚本)。深作多目的遊水地に来られた理由は、上木崎四丁目自治協力会の玉井会長がさいたま市議時代に深作多目的遊水地を視察したことがあり、自治協力会での防災の取り組みの一貫として春日部の首都圏外郭放水路を見学後に、同じ治水機能を持つ深作多目的遊水地を視察することになりました。また、自治会が運用している「遊水地協議会のホームページ」も参考にされたそうです。説明は、小学校横の深作多目的遊水地の説明看板を使い、入居当時(1992年)の写真と比較し説明を行いました。@首都圏外郭放水路の貯水量は約70万m3ですが、深作多目的遊水地も同じく約70万?の貯水量になります。A入居当時は、遊水地には1本の樹もありませんでしたが、自然の力により、現在はバードウオッチングができるほどの樹が生えています。等々の説明を行いました。遊水地に下りてからは、8の字公園のラクウショウの呼吸根(これが意外に好評で皆さん写真撮影していました)や、カワセミが獲物をとる瞬間を見られ喜ばれていました。私たちにとっては見慣れた風景ですが、身近にいると普通になってしまうのですね。

深作多目的遊水地協議会HP

深作多目的遊水地協議会HP

深作多目的遊水地協議会HP

深作多目的遊水地協議会HP

1990年代:ばい煙・異音問題

深作多目的遊水地協議会HP

2013年

深作多目的遊水地協議会HP

2015年

深作多目的遊水地協議会HP

2016年

深作多目的遊水地協議会HP

2018年

深作多目的遊水地協議会HP

2019年

深作多目的遊水地協議会HP

2022年

深作多目的遊水地協議会HP

2024年

☆写真は東三番街有志、または東三番街自治会環境専門委員会メンバー

事案の概要(出典:さいたま市ホームページ〜2024年1月15日報道発表)

平成2年(1990年)に有限会社荒井産業が岩槻市(現:さいたま市岩槻区)大字平林寺に設置した産業廃棄物焼却施設については、平成12年(2000年)に同社の産業廃棄物処分業の許可が取り消され、平成14年(2002年)に競売により土地所有権が移転した後も、解体及び撤去されることなく放置されています。当該焼却施設の内部に付着及び残置されたばいじん、燃え殻等の混合物(以下「ばいじん等」という。)からは、特別管理産業廃棄物に相当する有害物質が検出されていることから、それらの飛散、流出による生活環境保全上の支障が生ずるおそれがあると認められるため、同社及び関係者に対し、ばいじん等の飛散、流出を防止する措置を講ずべきことを命ずる行政処分を行いました。
↓詳細は下記をクリックしてさいたま市ホームページを参照
産業廃棄物に係る行政処分(措置命令)

有害物質の検出(出典:埼玉新聞)

さいたま市が’23年3月に敷地内を調査した結果、焼却施設内部に残ったばいじん、燃え殻などの混合物から、カドミウムが基準値の最大5倍、鉛が14倍、ダイオキシン類が15倍検出された。有害物質の飛散、流出を防止する措置を講ずべきとして、行政処分を行った。

 

深作多目的遊水地協議会HP

深作多目的遊水地協議会HP

・「桜並木の枝剪定」を春岡地区自治連として開催。
・同じタイミングで、深作多目的遊水地協議会有志で「遊水地のごみ拾い」。
・東1・2・3・五番街、コスモ春野、ひがしはる野、はる野4丁目北の7自治会におかれては、当日は「桜の枝剪定チーム」と「遊水地ごみ拾いチーム」の2つのチームに分かれて活動いただきます。
・桜の枝剪定は9時開始、10時頃終了し桜の枝剪定本部にゴールして頂きます。
・ごみ拾いのアーバン5自治会は、東三番街管理事務所前に9時集合・出発で、10時頃に桜の枝剪定本部にゴールして頂きます。
・ひがしはる野とはる野4丁目北自治会の皆さんは、(東三番街前には集合せず)ひがしはる野側遊水地法面およびイタチの森周辺のごみ拾い後に桜の枝剪定本部に10時頃にゴールして頂きます。
・桜の枝剪定本部の場所に「お茶」を用意します。ごみ拾いの方の分も確保しますので、桜の枝剪定に来られた自治会員の方に、ごみ拾いの方に回られた人数も受付簿に記入していただこうと考えています(人数記入は各自治会単位)。

深作多目的遊水地協議会会長 西澤

<桜の枝剪定本部>

深作多目的遊水地協議会HP

深作多目的遊水地協議会HP

さいたま市 大宮東警察署 署長 殿
(東1番街自治会長 鬼澤奈文/東3 番街自治会長 土屋角夫/コスモ春野自治会長 高平清美/はる野4丁目北自治会長 田中明生/
深作自治会会長 合谷憲治/ 東2番街自治会長 西澤亨夫/ 東5番街自治会長 倉島利三/ ひがしはる野自治会長 二五田唯法)

さいたま市見沼区春野の住宅地周辺道路の 40 qおよび 30 q速度制限要望書

いつも春野地区の治安維持に、ご尽力いただきありがとうございます。 標記の件、下記の内容通り要望いたします。ご検討をお願いいたします。
1.要望事項
さいたま市見沼区春野の住宅地周辺道路(下表 A,B)について速度制限設定を要望いたします。

A:新たに40km規制を要望(赤部道路:昨年に要請済)
B1,B2:新たに30km規制を要望(緑部道路)
C:既存30km規制道路(緑点点線道路)
2.要望理由
今回速度制限の設定を要望する道路 A および道路 B1,B2 につきましては、現在は特段の速度制限が設定されていないことから、道交法上 60 q制限になっていると認識しております。その状態ですと地域住民の交通安全上のリスクが高いと思われ、下記理由から道路 A については新たに時速 40 qの速度規制を、道路 B1 および B2 については新たに時速 30qの速度規制を実施いただきたく、何卒よろしくお願い申し上げます。

(1)道路 A について 40 qの速度規制を要望する理由
道路 A は直線道路で、通勤等の抜け道としてよく利用されており、スピードを出して走行する車が多くみられますが、道路 A には歩道未整備区間が多いことから、歩行者のすぐそばを車がスレスレで通過するなど、危険性が高い状態です。
また、小学生等の遊び場として公園(住宅地内公園および遊水地公園)が道路に隣接しております。
今後、宮ケ谷塔地区に「道の駅」や「と畜場」が設置されると、抜け道としてより一層交通量が増えると考えられることもあり、道路 A については 40 qの速度規制を要望いたします。
(2)道路 B1 および B2 について 30 qの速度規制を要望する理由
@道路 B1 について
●住宅地である東 1 番街、東 2 番街、東 3 番街の中を通る道路ですが、なぜか特段の速度制限が設定されていないことから、住宅地の中の道路でありながらも結構なスピードで走る車が散見されます。
●住宅地の中には、春野小学校、春野中学校があり、道路 B1 を小中学生が横断することから、小学校防犯ボランティアも事故を危惧しており、30 q の速度規制が適当と考えられます。
A道路 B2 について
2022 年 12 月 22 日に、小学生が巻き込まれる人身事故が発生しました(地図内?地点)。
道路 B2 についても、道路 A 同様に抜け道としてよく利用されていることから、結構なスピードで車が走っており、一方で歩道が未整備な区間が多いことから、既存の道路 C 同様に、30 qの速度規制を要望いたします。
(3)その他
@道路に隣接する春野 1?4 丁目住宅地は、31 年前に旧住宅都市整備公団等が開発した大規模住宅地で、2,250 世帯(さいたま市 HP 町名別世帯数より)が生活しており、住民の高齢化も進む中で、住民の生活道路としての安全対策が必要と考えます。
Aそうした中で、今回要請する道路 A および道路 B1,B2 について特段の速度制限が設定されていない状況は問題と考えており、今後大きな事故が発生する前に今回の住宅地周辺道路の 40 qおよび 30 q速度規制の実施を強く要望いたします。
以 上

第5回深作多目的遊水地協議会(以下、協議会)を東三番街管理事務所洋室で開催し、以下の議案につい審議し承認いただきました。
@2022年度 深作多目的遊水地協議会活動報告
A2022年度 深作多目的遊水地協議会 収支報告
B2022年度 業務および会計監査報告
C2023年度 深作多目的遊水地協議会 活動計画
D2023年度 深作多目的遊水地協議会 収支予算
E2023年度 深作多目的遊水地協議会 役員選出  
令和5年度の協議会役員は、以下の方々です。

深作多目的遊水地協議会HP

深作多目的遊水地協議会HP

総会後に、定例会を開始し、以下の議題を情報共有し審議いたしました。
@旧荒井産業跡の煙突等が地震で倒壊した際の予想被害について(齊藤市議)
A「遊水地での生き物観察会」を9月より開催予定(諏訪氏)
B春野地区周辺道路の速度規制要望書(案)を各自治会へ確認(塚本氏)
C協議会HPの紹介・活用方法(佐藤氏)
なお、春野地区周辺道路の速度規制要望書(案)は、関連自治会に持ち帰り審議を頂き、了解後に大宮東警察署に速度制限を要望する予定です。

 

深作多目的遊水地協議会HP

 

深作多目的遊水地協議会. All Rights Reserved.